【誰でも発症する病気】うつ病かどうか判断できるチェック項目を紹介

  1. ホーム
  2. 病気の可能性

病気の可能性

聴診器

うつ病になる方が増えています。原因は、幼少期に受けた辛いことや疲労などによる慢性化したストレスです。また、ストレス社会の中で過ごしていることが大きく関係しています。なので、もしうつ病かもしれないと感じたらうつ病かどうかをチェックしましょう。セルフチェックは、自宅にいながら自分でチェックできます。最近、疲れたと感じることが多くなった、疲れが取れていないような気がするなどの項目をチェックします。気分の浮き沈みは誰にでもあります。しかし、気分が沈んだ時間、日にちが長く続くと要注意です。やる気がなく人の声が耳に入らない、朝起きられなくなったなどは初期の症状です。頭痛や吐き気、めまいなどが起こると病院へ行くレベルになります。内科や耳鼻科、脳外科などへ行かれます。診断結果は異常がないと告げられます。うつ病になる前兆の可能性があります。この時点で心療内科や精神科などへ受診すると良いでしょう。うつ病が悪化すると何もできない、不眠が続く、朝から夜までパジャマの状態などの症状が出ます。症状が更に悪化すると人を恐れることがあります。外出を拒んだり引きこもりになったりすることもあります。本人は気づかないことが多いので、家族が気づけるように日頃からチェックしておきましょう。症状が出たら一緒に病院へ行くことをお勧めします。一緒に病院に行き、うつ病について理解してあげることが大切です。また、本人が話ができるまで見守りましょう。何か告げたい時には「大丈夫、ゆっくり治そう」などと声かけをします。一人ではないことを理解させ安心させます。うつ病というのは少しずつ症状が緩和していく病気です。時間がかかるので、家族も焦らないで医師からもらった治療のアドバイスを参考にしましょう。うつ病は治療をすると完治します。完治して元に戻ります。処方された薬、家族の愛情、様々な工夫で完治させましょう。環境を変えることも良いですし、気分転換で旅行や散歩に一緒に行くことも良いでしょう。好きなことをする、無理はしない、ゆっくり休む、我慢しない、話したい時に話すことで効果を実感することが出来るでしょう。怠けや嫌なことを避けているわけではありません。良くなるためには、時間が必要なので焦りは禁物です。