【誰でも発症する病気】うつ病かどうか判断できるチェック項目を紹介

  1. ホーム
  2. 自覚があればまだ大丈夫

自覚があればまだ大丈夫

カウンセリング

周りに相談してみよう

社会人になると仕事のストレスだけではなく、人間関係や家庭のストレスなども生じることがあります。それが、うつ病発症になってしまうこともあるので、適度にストレスを発散することが大切です。多くの人は自分は大丈夫だと過信することがありますが、真面目な人ほど発症する傾向にあります。日頃からストレスチェックをしておきましょう。疲れたり、イライラしたりするようなことがあれば、ちょっとだけでも休息することで回復できることもあります。また、自分でうつ病だと感じている人ほど、そうではないことがあります。実際にうつ病になってしまうと、自身では気づきません。それだけ症状が重たくなっているからです。逆に周りが気づいてくれることがあります。あの人はうつ病かもしれないと感じるような人が身近にいる場合、チェックしてみましょう。ネット上にも、うつ病かどうかチェックできる診断サイトがたくさんあります。チェック数が多ければ多いほど、その可能性が高くなるので参考までに試してみるといいかもしれません。もし、うつ病の可能性が高いと診断されたら、当人を心療内科や精神科に連れて行ってあげましょう。本人はうつ病だと実感しておらず、行かないと言うかもしれません。しかし、そう言っている人ほど、状態がひどくなっていることがあります。うまく誘導することが大切です。もちろん、その時には付き添ってあげると安心です。それから、自身でうつ病だと気づく人も中にはいます。診断項目のチェックが当てはまったら、症状がひどくなる前に自分で心療内科や精神科を受診してみるのもいいかもしれません。カウンセリングを受けることによって、早期治療を受けられることがあります。当然、早期発見による早期治療なら回復も早く、状態がひどくなる前に完治することも可能です。いずれにしても、気になる症状に悩まされている人は、できるだけ周りの信頼できる人に相談することをお勧めします。というのも、一人で悩みを抱えているとうつ病を発症してしまいがちだからです。まだ誰かに相談できるようなら、症状が重たくなることもありません。