【誰でも発症する病気】うつ病かどうか判断できるチェック項目を紹介

メンズ

うつ病を疑った時

うつ病のチェックは誰にでもできます。そしてうつ病は誰にでもおこり得るということを知っておいて頂きたいものです。現代社会においては発病する方が大変多く、いわゆる現代病だといえます。事前予防が一番の治療薬であることを知っておきましょう。

カウンセリング

自覚があればまだ大丈夫

うつ病は真面目な人ほど発症しがちです。症状が当てはまるかどうか、ネット上のうつ病チェックサイトなどを参考にして確認してみましょう。自覚している間はまだ症状が進行していません。周りが気づくことの方が多くなっています。

聴診器

病気の可能性

うつ病のチェックは定期的に行うことが良いでしょう。早めに発見すると早期治療ができ、早い寛解が望めると言えるでしょう。そのため、心療内科や精神科などの専門の医療機関をお勧めします。うつ病の理解と患者との接し方などのアドバイスが受けられますよ。

メンズ

心の状態を確かめましょう

うつ病かなと感じ始めたら、チェックシートで心の状態を確かめてみることができます。うつ傾向にあるとの結果が出た場合は、心療内科を受診します。適切な投薬とカウンセリングを行う実績のある心療内科を選びましょう。

ナース

知識をしっかり付けよう

うつ病は最も多い精神的病と言われており、発見が遅れると取り返しのつかないことになるので、しっかり情報をチェックしておきましょう。ストレス社会の現代だからこそ、様々な精神病の情報収集はとても大切なことです。

誰にでも可能性があります

女性

症状も様々です

うつ病は、大きなストレスなどが原因で気持ちが沈んだり、何もやる気が起きなかったりといった抑うつ症状が出ることで知られる病気です。そのために、仕事に行けなくなったり、食事を摂ることができなくなったりします。また、眠れないといった症状から体調を崩してしまい、日常生活にも大きく影響してしまいます。さらに自分をひどく責める傾向が強く、自分は価値のない人間だなどという思考にとらわれ自殺願望を持つケースも少なくありません。うつ病の治療にあたっては、できるだけ早く病院を受診して治療を開始することがとても大切で、症状が深刻になればなるほど治療にも時間がかかるケースが多いといわれています。そのためには自分のかかえる抑うつ状態が治療の必要なものであると本人が認識する必要があります。しかし、実際にはそれが難しいことが多いため特徴的なうつの症状を知り、周りの人間がチェックしてあげることも必要になります。一言にうつ病と言っても種類があり、大きく分けて大うつ性障害と双極性障害に分けられることが出来ますが、最近では新型うつと呼ばれる症状も増えてきています。大うつ病障害は、気分の落ち込みなどといったいわゆるうつ症状が続くタイプで、症状の重さには関係ありません。症状はいわゆる抑うつ応対が続くもので、気分が落ち込んで何もやる気がしない、悲観的になり涙が出る、食欲がなく眠れないといったものにチェックが付くことが多いといわれています。また、自分自身ではどうすることも出来ない中での苦しみであるため、焦燥感からくるイライラに悩まされることも少なくありません。これに対し、双極性障害はうつ状態と躁状態が交互に繰り返されるものであり、躁状態の時の症状の強さや、繰り返されるサイクルの長さなどによってさらに細分化されますのでチェックが必要です。躁状態のときは、それまでが嘘のように活動的になったり、極端にしゃべり続けたりする姿が目立つようになります。言動が衝動的になるため、時としてそれが他者への攻撃になったり、ギャンブルなどにのめりこんだりするような形で現れることもあります。新型うつ病は特に若者に多いとされており、仕事中にだけうつ症状が出て、プライベートになると元気になってしまうという特徴を持つのでチェックしてみましょう。